【テキスト版】婚活 は告白はしない方がいい!?【2万人のリアル恋愛婚活相談】

はい入倉結婚相談所の入倉です。今回のご質問は「婚活は告白しない方がいい?」という部分についてご紹介させていただければと思います。

この方プロポーズ失敗したみたいですね。プロポーズ失敗してしまいましたっていうのがバーッてやって「結局、婚活って告白しない方がいい?」っていう部分の今日はご紹介させてもらえればと思うのですが、これまず告白するメリットデメリット、皆さん考えたことないかもしれないですけど告白すると相手がどういう選択肢を取るかっていうと例えば「付き合ってください」プロポーズして「結婚してください」ってなった時にイエスかノーの選択肢しかないんですよ。これってリアルに不利です。

言う方からするとイエスかノーかの二択。五分五分なんですよね。言葉的には。もちろん長年経験…お互いが距離縮めててもう確実に結婚するような、早く相手がプロポーズ期待しているようになってる状況であれば例えば9:1とか8:2ぐらいの感じにはなるかもしれないですけど、言葉的な表現としてはイエス、ノーの二択っていうのはかなりリスクがあるんですよね。で、もっと言うとここで断られる方の典型的なパターンとして相手と自分の関係性をミスマッチ…相違が出来てしまっている部分がすごくあるので、今回はこの部分についてご紹介させていただければと思います。

このチャンネルは私、入倉が婚活十年以上関わっていく中で婚活イベント1400回以上主催していてお見合いの立会いも4000組以上から培ったノウハウや参加者からの声を参考にお話しさせていただいてます。ぜひ参考になった方はチャンネル登録、あと評価「いいね」の方、この内容に関して良かった部分悪かった部分「こういうのもあるよ」っていうのもぜひコメント欄にご記入いただければと思います。

ということで今回は告白ですね。「告白して振られてしまいました」っていうご相談があったので、まあそれに関してとやかく言う気は無いです。もうこれはしょうがないことなので前向いて進んでいくしかないのですが今回はそういう部分で、極力告白しない方がいいです。

これ言うと皆さん結構、誤解されますが「じゃあ告白しないんでどうやって前に進むんだよ」っていうふうに思われるのですけど結構ですね、これ…私も色々と日本の恋愛の仕方とかを調べていく中で、日本のこの付き合いのシステムって海外、地球上からすると少数派の民族なんです。で、私もこれ見てびっくりしたんですけどちゃんと告白してお付き合いの関係…彼氏彼女の関係になるっていうのは世界的に見ても少数派。アメリカとか行くとボーイフレンド、ガールフレンドみたいな感じで表現とかされるじゃないですかね。

なんとなくそこの関係性っていうのはお互いあるけど正式にちゃんと告白して「彼氏彼女の関係です」ってこれ日本人特有のものがあるみたいなんですよね。私も見てびっくりしたんですけど、もともと日本人、ずっと日本人なので変わることはないんですけど、ちゃんと告白してお付き合いをしてその関係から結婚に至るっていうのが世界でも標準なのかなって思っていたら、いやそうじゃなくて、そういう関係性っていうのは「何となく」っていう言い方は失礼かもしれないですが日本人みたいにきっちりきっちり行きたいんでしょうね、日本人はね。どちらかと言うと。

ただ「告白しなきゃいけない」「告白して先に進まなきゃいけない」って考えた時にここの目線を上手く自分の中で理解出来れば、これ別に告白する必要ないんですよ。どういうことかって言うと相手も理解した上で先に進もうっていう風に思えるのであれば告白しなくていいんですよ。告白っていうのは要するにお互いの意思確認でしょう、お付き合いする時に「付き合ってください」イエス、ノーって答えるじゃないですか。プロポーズして「結婚してください」イエス、ノーで答えるじゃないですか。これって結局、最終的に意思確認。特にそれ以外の要素を使わないですよね。

婚活の場合、何か外的な要因が加わるのはプロポーズで結婚決まって婚姻届出す時だけですよね。社会から「二人は夫婦ですよ、婚姻関係ですよ」って認めてもらうために婚姻届出すだけ。お付き合い、告白しました。それは完全に口約束ですよね。プロポーズしてOKもらいました、婚約しました。口約束なんです、これは。

別に結婚して婚姻届出したからって嫌だったら離婚すればいいだけ。ただそれは社会が一回絡んじゃってるので離婚届出さなきゃいけない。色々二人の関係性を整理しなきゃいけないっていうのは出てきますが、まずここがすごく大事です。ステップアップしていくために言葉を使っているだけなんですよね。

これ日本人の恋愛が不器用なところがすごく現れているのかなっていうのは海外のやり方を見て、私もそうでした。勉強しました。じゃあそれを踏まえて告白…冒頭でも言いましたがイエスかノーかの二択なんですよ。五割五割なんですよ。正直言うとOKもらうまでは。先程言った通り関係性が出来ていれば9:1かも8:2かもしれないですけど、でもそんなの分からない。告白する方からすれば。

もちろん告白を煽られて「告白しろ」って言われて告白してるのであれば可能性は高いかもしれないですけど、「じゃあ入倉は何を勧めるんだ」っていう部分でこれ他の動画でもお話ししてますし私の「入倉婚活7つのステップ」出会う、連絡先の交換、デート、告白、お付き合い、プロポーズ、結婚、これが書かれている必勝マニュアル、私の拙著でありますが必勝マニュアルにも書かせていただいてますが、告白はしない方がいいです。告白すると少なからず断られる選択肢が出てきます。

じゃどうすればいいかっていうとイエスだけ言われれば結婚出来るんですよ、変な話。でしょう?別に告白してもプロポーズしてもイエスだけ言われないと先に進めないじゃないですか。ってことは逆を考えれば告白しなくてもプロポーズしなくてもイエスで結婚してもらえれば一番いい訳なんですよね。

でその時に先程言った通り、何が大事かっていうと意思確認。お互い結婚する意思があるのかないのか。お付き合いするのであれば、友達の関係から彼氏彼女になるには意志関係、意思確認が大事なんですよね。ってなってきた時に、じゃこの意思をどう確認すればいいのか。言葉で言えばいいんですよ。それだけなんです。

あなたのことが好きです。将来を考えて一緒に行ければいいです。良かったら彼氏彼女に…変な話「自分の中では前向きに行きたいです」っていう言葉でもいい訳じゃないですか。「付き合ってください」っていうのはもちろん悪くはないですけど、将来考えて一緒に進んで行きたいっていうのは言葉として、これ自分の気持ちですよね。自分の意思表示すればいいだけ。

結婚の時もそうなんですよね。どういう結婚生活…まずこれを話した方がいいですよね。お互いが将来どう考えてるのか。例えば仕事のこと家族のこと、休日の過ごし方とか自分の趣味とか生活習慣とか話を先にしておけば結婚しやすいですよね、お互い。

で、ある程度お互いいいとこまで行ったら「じゃあ結婚しようか」って結婚すればいいだけなんですよね。そこをすごく頑張っちゃって告白しなきゃいけない…告白の状況を作らなきゃいけないっていうのは正直リスクが高い。その前段階でお互いの気持ちをある程度理解しておく。お互いもう結婚する意思がある。そういう話をしてるからね。

二人で結婚したらいついつこうしてこうして、じゃあ結婚式いつやって親の挨拶はいつ行ってじゃあもう早く入籍しなきゃいけないね、っていう風になればプロポーズしてお断りされるリスク…別に告白することが悪いって言ってるわけじゃないです。「断られるリスクを回避しましょう」っていうのが今日のテーマです。告白しないなら、しない方がいいですよ。だって言葉のリスクが必ずあるから。だったらずっとイエスだけ言ってもらえれば結婚出来るんですよね。

ただ、例えばそういう話を全くしない、結婚なのに結婚の話をしないでいきなりプロポーズしちゃったらそれはお断りされる可能性は高くなってきますよね。だけどその前に結婚の話をしっかりして、じゃあどういう風に二人の関係性が築けるかっていうのを話し合っていれば相手も何もストレス無く「じゃあ取り敢えず入籍しようか」…とりあえずって言い方失礼ですけど「入籍しようか」「婚約しようか」「指輪買いに行こうか」「式場探そうか」ってなるんですよね。もちろん言葉で言って悪い訳じゃないですけど、ただお断わりされる人の多くはここが抜けています。

「告白が悪い」って言ってる訳じゃないです。ただノーの部分をどれだけ削れるかっていうのが凄く大事。友達の関係から彼氏・彼女になる時に付き合ったらどんなイメージが出来るか、先にプレゼンじゃないですけどそこをまずシミュレーションしておくと簡単に付き合える。結婚も同じです。プロポーズ断るリスク絶対あります。

だからイエス・ノーで質問出来る告白じゃなくてまずは結婚生活の話。お互いまとめてもらって話が出来たらどんどん前倒し前倒しで「やばい、もう早く結婚しなきゃ」ってなれば告白すれば必ず成功するんですよね。

失敗する人はそこで何かしら自分の中で…お互いの温度差ですよね。ここが凄く出てしまうとプロポーズする時に断られるリスクが出てしまう。なので出来れば、その前段階で告白しなくてもいいぐらいお互い結婚の話が出来るといいですよっていう話です。

激しい言い方すると告白しなくても結婚出来ます。ただこの前後になりますが動画、音声でも話した通りここの部分、シチュエーションが大事になってくる方が、やっぱり女性の場合、絶対にシチュエーションなんですよね。大事。私もそれは凄く痛感してます。効率人間なので「告白すればいいだろ」「プロポーズすればいいだろ」って思ってましたけどやっぱりシチュエーションは大事。

お互い気持ちの部分はすごく大事なので、そこはしっかりしなきゃいけないっていうのはもちろん、告白でプロポーズしなきゃいけないんだけど断られるリスクを下げた方がいいですよっていうのがイエスしか言われない状況を作るっていうには何をすればいいか。告白は口約束になりますので口約束する前にまず形を作っていくっていうのが今回のコンセプトになります。

まあこれはもう、しょうがないことですので、ぜひ次に向けて頑張っていただければというふうに思います。

今回は「婚活は告白しない方がいいのか」っていう部分についてご紹介させていただきました。ぜひ参考にしていただければと思います。

以上です。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事