【テキスト版】結婚後にお金を○○が管理するのは絶対にやっちゃだめ!【2万人のリアル恋愛婚活相談】


はい、今日は朝からお見合いとイベントとお見合いと、結婚相談所の入会説明といろいろバタバタしている婚活の入倉です。今回はですね、お付き合いして同棲なり結婚、婚約したときのお金の管理についてご紹介させていいただければと思います。

このチャンネルはですね、私が婚活10年以上関わっていく中で、婚活イベントも1400回以上、お見合いの立ち合いも4000組以上から培ったノウハウや参加者からの声を参考にお話しさせていただいています。是非参考になった方はチャンネル登録、あと評価「いいね」の方よろしくお願いします。

はい、ということで今回はお金の管理…まあ婚活なので出会うところの話が中心なんですが、結構ですね、ここの「お付き合いしてから結婚に行くまで」この過程がかなり大事。ここで婚約破棄とか破談とかそういうケースも結構話聞きますので、ここはもう、いい人がいたら抜かりなく確実に結婚まで持っていけるような…うちの入倉結婚相談所の場合はサポートを徹底してさせていただいているんですが、そこでですね、結構皆さん知らない、どうしたらいいかわからないっていう方が圧倒的に多くなってくる最初の難関が「お金の管理」です。

今までは自分で働いたお金は自分で使う。実家であれば実家に入れたりとか、1人暮らしであれば自分でね家賃払って光熱費払って、自分の生活費っていう形でやっていれば良かったんですが、これがですね、結婚するとなると相手の生活ももちろん一緒になる訳ですし「どこに住むか」っていうところも、引っ越し費用とかも掛かってきますし、実家に入るのであれば実家もそのいろいろ関係性とかが出てくるんですが、このときのお金の管理…これは本当ね、すごく…一方間違えると終了してしまう可能性があるので、しっかりここはね、頭の片隅に押さえておいていただければいいかな、というふうに思います。

まずこれね、「管理は女性」という風にタイトル書かさせてもらってますが、基本的には4択…まあ3択に近いんですけど、4択になります。で、まずこのお金の管理については、一緒に始めは管理する、男性が管理する、女性が管理する、別々に管理する、っていうこの4択っていう形になるんですが、これ管理しやすい方、管理が得意な方がすればいい話なんですよね。浪費癖がありそうだな、あまり貯金できなさそうだな、っていう方はあんまりお勧めしないので、本当家計が火の車になっちゃいますんで、得意な方がすればいいかと思いますし、たまにね、両方管理したいっていう時があるんですが、それはちゃんと話し合っていただければいいかなと。

もしくは、一緒に初めのうちはやるっていうのもやりやすい。で、だんだん生活に慣れてきた時に、どっちが担当するっていうのが必然的にそういうふうになるパターンもやっぱりあったりするんですが、ただここはですね、最初にしっかりお金の扱い方をしておかないと、お金の切れ目は縁の切れ目っていうふうに言われてる通り、ここで波長が合わないとうまくいかなくなるので要注意です。

先ほど4択って言ったんですけど、あんまりお勧めしないのが「別々の管理」で、これ結構ですね、私もファイナンシャルプランナーとか資格持ってるんですけど、結構そういう話も聞くんですけど、共働きの場合ですね、財布は別々という案が出るけどそれはやっぱり離婚しやすいっていうのが…あと、お金も貯まりにくいっていうふうに言われてるんですよね。

これたぶん統計データが出てるかと思うんですけど、一番はね、お互い生活が別々な二人が結婚して一緒の生活するときに、財布はもともと別だから別で管理したほうが楽じゃない?っていうふうに思う方も、もちろん合理的に考えればありかもしれないんですが、双方メリットがあるんじゃないかな、っていうふうに思われる方、たまに相談があるんですが、あんまね、お金を別々って、正直ね、離婚もしやすくなる、お金も貯まりにくいってなるとあんまりメリットを感じにくいかなと思うので、

最悪の場合で言うと、ほんとすぐ離婚…もしケンカした場合すぐ「離婚だ」っていうふうになる可能性ももちろんあるかもしれないですし、財布が一個だったら、離婚するのに財布…またお金どうすんだろう?みたいな話になった時に、「ややこしいから離婚しないか」って思われる方も、もしかしたらいるかもしれないですよね。

で、対策としては一番下に書かさせてもらってますが、同棲時、結婚の最初の山場がこのお金の管理になりますんで、先ほども言った通り金銭感覚が違うと破局につながる可能性があります。

まずはお互いですね、紙に書き出す。収入とすべての支出を紙に書きだして、お互いが今どういう状況なのか。例えば学校行ってて奨学金借りてたとかであれば奨学金、月いくら返しているとか、車であったり家電とかのローンがあるんであれば、ローンなり金額を必ず全て書き出すっていうのは、まずはお互いが、収入がいくらあって何にお金を使っているかっていうのを明確にするっていうのは一つ方法ではあります。

で、通帳がね、これどちらかの通帳に入れるっていう風にたまにされる方もいるんですが、どちらかというとですね、新しく通帳を作った方がいいかなと。お互いそれまでのお金の使い方ってのはあるし、それがバレたくないってわけじゃないですけど、そこまで踏み込んでもらいたくないって時もたぶんあると思うんで、出来れば夫婦になったら一つ通帳を作るのはおすすめです。

やっぱりですね、目で見ながら最初のうちは価値観が全然違ってきて、お付き合いしてプロポーズ、婚約して結婚まで行ったんであれば「価値観似てるんだろうな」って思う方いるんですけど、こういうところの、細かいところ、生活のほんとちょっとしたこととか、お金の価値観っていうのは結構リスクが出始めるきっかけになってしまいますんで、まずはしっかりね、もし不安であれば目で見ながら、先ほど言ったとおり収入や支出っていう管理をお互いして価値感の調整ができれば、非常にいいのかなというふうに思います。

結構ですね、婚活でも気になる異性とお付き合いして婚約までいっても、やっぱり破断・破棄っていう方がいらっしゃいます。こういうちょっとしたことかもしれないですが、お金の管理っていうのはすごく大切ですし、それ以外にも住むとことか親への挨拶とか、色々と山場は出てくるんですが、お金っていうのは本当ね、そういう部分で言うとすごく大切になりますので、ぜひそこは二人でしっかり管理をする前にこういう情報をしっかり押さえておいて、「あ、こういう選択肢があるのか」で、「こうすると、こうなるかもしれないな」っていうのが分かっているだけで話はしやすくなります。何もね、無知の状態ってなると一番リスクがありますんで、そこはね、注意をして頂ければというふうに思います。

ぜひ参考になった方はチャンネル登録、あと評価「いいね」の方よろしくお願いします。

今回は結婚時、同棲時のお金の管理について、男性が管理するのか、女性が管理するのか、一緒がいいのか、別々がいいのか、という部分についてご紹介させていただきました。本日は以上となります。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事