こんにちは!

 

入倉です!

 

さて、ちょこちょこ伝えていますが…

 

時代がどんどん変わり…

 

実は婚活イベントも平成の遺産的な感じでどんどん進化した婚活イベントが増えてきている昨今ですが…

この令和に結婚する方法は?

と…

 

さらに簡単に…(笑)

もっというと 手っ取り早く…(笑)

 

もちろん言いたいことはわかります。

 

私入倉も婚活5年やりました。(笑)

独身者の心理としてはより手間をかけずさらに感情に左右されず

 

今の自分に合っている異性と結婚したい!

 

というのは本望というか願望というか…

 

じゃあ、実際にそれは可能なのか?

 

というと答えはYesでもNoでもあります!

とあいまいな書き方をしますが…

 

一つのポイントとして…、

 

時代にあった婚活…

 

時代にあった結婚…

 

という概念の理解からスタートが必要です。

 

では時代にあった婚活…

 

では時代背景から読み取りますと…

昭和時代の結婚のきっかけは、近所のおせっかいおばちゃんからのお見合い話しや社内恋愛、紹介などが上位にありました。

そのころは、ネットもスマホもまだ普及していない時代ですからね…

じゃあ、昭和時代はどうやって結婚したか?上記の方法からある程度結婚適齢期になったら何人かの異性から結婚するというのが日本人として普通の流れでした。

 

ある教授のお言葉を借りるとベルトコンベア式に結婚…人生を進めるという感じでしょうか?

こういうものなんだ!と人間は思うと特に何も感じずに行動出来ます。

だって他を考える必要がないから…

 

では令和になり…何が大きく変わったか…

そうです。出会い方が大きく変わりました!

まずお節介おばちゃん…ほぼいないです。近所のおばちゃんというか近所に誰が住んでいるかもわからない…わかりにくい時代になってしまいました。となるとお見合い話しはほぼないです。

社内恋愛…今の時代、非正規雇用も多くなり…、またパワハラセクハラモラハラというハラスメントの関係で社内恋愛も非常にしにくくなり…ばれても面倒だしもしうまく行っても別れるときにトラブルになるケースもあります。

となると残っているのは紹介…これは今でもあるかと思います。

 

じゃあ今の時代出会う…結婚する方法は?ということで情報化社会という意味でも…

最近では情報化社会なんて言葉は聞かないですよね!それが当たり前になってしまったから。

異性に出会う方法はインターネットを介してのマッチングアプリや婚活イベントなどもきっかけになってきています。

 

昭和時代では出会って数名で決まるというのがごく自然な流れでした。

 

でも令和では…、いい人と結婚する。理想の異性じゃないと結婚しない。男女平等の世の中だからそういう時代にあった異性と出会いたい。芸能人のような…俳優さんや女優さんのような人と出会いたい!

 

などなど…昭和とは時代が違い…。自分の理想から異性を探すという工程が加わりました。

これは情報化社会のメリットでもありデメリットでもあります。

婚活の多様化ですね。もっと細かく言うと条件の多様化。

昭和時代では結婚適齢期になると回りにいる同様の結婚適齢期の異性とくっつくというごく自然な流れでしたが…

令和はまずは相手探しからのスタートになります。

 

実は今の時代婚活を難しくしてしまっているのはこの工程と言っても過言ではないです。

(もちろんお付合いやデートの仕方も変わってきていますがその辺は攻略しやすいです)

 

この自分が納得する異性と出会う!という工程。

ここをしっかり理解しないと婚活ではうまくいきません。

 

まず大切なのは自分が探している異性はどこにいけば会えるのか?

そもそもここを理解していない人が多いというのもあります。

とりあえず漠然と出会いたいのであれば婚活イベントやお見合いを利用すればいいだけの話ですが…

でも条件があるわけで…(笑)

そして、ここさらに誤解しているのが…

この工程…理想の異性と出会うという部分で大切なのは…

 

結婚を意識してから婚活をする!

結構誤解していますが、意識した時からスタートしたらどうなりますか?

 

まずは探すのにどのくらい時間がかかるか…これ皆さん見落としがちです…

そうなんです。結婚を意識してもしなくてもこの異性に会っている状態は実は令和では必須の条件になってきます。

すんなり婚活をして結婚するという部分では。

何が言いたいか?

令和での婚活はすぐに婚活してすぐに結婚はもちろん可能ですが、可能性としてはすぐには難しくなる可能性があります。

というのも希望する異性と会うまでの時間を考慮されていないから。

 

じゃあ大切なのは、結婚したいとおもってからでも遅くはないですが…出来れば結婚を意識する前から…

結婚相手の候補や異性と会う習慣を身に着けておく。

もちろんお一人様や結婚する気がないのなら不要かもしれませんが…

でもこれからの社会、人工知能やより高度な時代になるにつれて…人と人との関係性というのは必須になってきます。

あって損はないかなと…

 

じゃあこの異性に会う習慣って何か?

 

婚活イベントやお見合いを利用している人に伝えているのは…

 

ガッツリ結婚したいはもちろん大切だけど肩の力が入ると空回りすることも…じゃあ、婚活疲れとかモチベーションが上がらないときに婚活を出来る?

 

という話ではなく。先ほども言いましたが、令和の結婚の工程として結婚相手や異性に会える習慣を作っておくという部分が必須でして。

 

じゃあ、この情報化社会において異性に出会うとうのは意外と簡単。

 

まず一番簡単なのがスマホを使ったSNSやマッチングアプリなどの出会うという行為。

これは一番簡単ですがその分リスクももちろんあります。

もしくは婚活イベントや簡単なお見合いなどもあります。

昭和のお見合いというとOKを出すときは結婚を前提的な要素が非常に強かったですが、

今の時代カジュアルなお見合いも増えてきています。

この行動!

そうです、婚活疲れとかモチベーションがない…結婚はまだ先でもいいや…と言っても…

婚活の準備として何かしら活動をしておき、婚活の最初の工程に対応出来ればうまく行きやすいです。

 

冒頭でも言いましたが、準備をしておかないと…結婚を意識してからの活動でも遅くはないですが、

 

出会うまでに時間がかかることもあります。そんな簡単に理想の異性に出会えないという声も聴きますので

 

それが令和は普通です。だからこそいつ結婚する気が出てもいいように今のうちから活動しておくのがベストなのです。

 

それががっつり結婚したいとか、早く恋愛したいとか思っていなくても…準備をしておけば人生うまく行きやすいです!

 

もちろんこの文章は準備しなきゃいけないとか婚活が遅いとかいう気はないのです。

 

ただ最短でよりよく婚活をするとなると時代的に…令和的に…

準備をするという工程が非常に大切になります。

 

だって理想の異性を探したいでしょ?(笑)

妥協したくないでしょ?(笑)(本当は妥協でないのですが…(笑) )

思い描く異性と思い描く結婚生活をしたいでしょ?(笑)

 

簡単です。必ずうまくいきます。

 

そのためにはやばい結婚しなきゃ…だと肩の力は入りすぎて空回りすることもあります。かといって結婚するモチベーションが上がらない…

とかじゃないんです!

婚活の準備はこれからの時代必須です。

 

婚活の準備を制する者は結婚を制する的な!

 

我ながら良い文章だったのでそのうち有料の記事になるかもです…(笑)

 

 

そうそうよく聞かれるのですが、これからの時代準備…が大切なので…

じゃあ、紹介者がいい人とか結婚相談所の仲介者がすべてとかじゃないです(笑)

逆にどれだけ準備できるか?というのはどれだけ異性に出会えるか?経験できるかになります。

 

うんちくを並べる紹介者や結婚相談の仲介者がいたらつべこべ言わず異性を紹介してくれといってください。

もし紹介してくれればいいですし、もしさらにうんちくをならべてなかなか紹介してくれないのであればもうおさらばしたほうが良いです。

だって会わないことには何もはじまりません。そんなうんちくネットで調べればたくさん出てきます。これからの仲介者はどれだけ紹介してくれるか!これが大切です!

困ったら入倉に相談くださいね!とりあえず20~30人くらいすぐに紹介できますので!(笑)

そしたらいろいろ考えている前に簡単に結婚出来るチャンスがありますからね(^^)/

 

結婚は簡単です!

でもやり方をしらないと難しくなります。

効率よく…婚活を理解して素敵なパートナーをみつけてくださいね!

 

 

入倉

おすすめの記事