【テキスト版】LINE での告白のメリットデメリットは?リアルで告白の方がいい?

入倉結婚相談所の入倉です。今回は告白ですね。「ラインでの告白はNGなのでしょうか?」というご質問をいただきましたので、これ結構深い部分に入ってくるので、ラインの告白は有りか無しかって言ったらちょっと無しな感じはしますよね。軽い感じ?

ハードルが下がれば…皆さんこれ分かってるのか分かってないのか多分圧倒的に分かってない方多いんですけど、告白すればいいっていう話じゃないんですよ。これ男性からのご質問なので、男性目線で今日はお話しさせていただくんですけど女性は告白されたい。男性は出来ればリスクの無い状態で告白したい。って思ってる方が多分、多いかなと思いますが女性の場合は、ただ単純に告白されればいい…もちろんされないよりはいいですけど、でもイメージするじゃないですか。ドラマや映画のような、こうキュンキュンするような告白のされ方シチュエーションがすごく大事。

ただ、男性からすれば、何とかリスクが少なくて自分がドラマとか映画みたいな感じのシチュエーションの告白が出来ないと思い込んでしまっている方がいるので、でさらに、かつ今言ったように不安…「断られたらどうしよう、軽く言いたいな」っていう気持ちが先行しちゃうとラインでの告白をされる方が今、結構割合としてどんどん増えてきているのかな?でもこれが良いとか悪いっていう考えの前に基本的な部分をしっかり押さえた上で自分はどういう風に取っていくのかっていうのをしっかり考えていただければと思います。

このチャンネルは私が婚活十年以上関わっていく中で婚活イベント1400回以上主催していてお見合いの立会いも4000組以上から培ったノウハウや参加者からの声を参考にお話しさせていただいています。ぜひ参考になった方はチャンネル登録、あと評価「いいね」の方でこの内容についてコメントある方はぜひコメント欄に良かった部分、悪かった部分「こんなのもあるよ」っていうのも是非ご記入いただければと思います。

はい、ということで今回は「ラインでの告白はNGなのか」というご質問をいただきましたのでこの部分についてご紹介させていただければと思います。

今、マッチングアプリや出会い方もどんどん進化してきて今までは、本当五年前、十年前は婚活イベントで、その前は合コンみたいな主流が必ず出てきて今ももちろん婚活イベントとか街コンとかお見合いとか使われる方もいらっしゃいますが、気軽に出会うって言ったらマッチングアプリを使われる方が増えてきているかと思いますがそれが別に悪いとか良いとか言う気はないのですが、ただ携帯一つで出会って会うことが出来る…もう携帯で完結するんですよね、スマホがあれば。でその時に自分の気持ちを伝える手段、そしてそのラインを使うっていうのがまずどうなのかっていうのをしっかり押さえなきゃいけない。

で、ラインでの告白はNGなのか?NGではないです。正解から言うとNGではないんですが、それって相手の気持ちに寄り添ってるかっていう話なんですよね。もちろん例えば遠距離で告白がなかなか出来ない、なかなか会うことができない、休みのタイミングが合わないとかでしょうがなくそれを選択されるっていうのももちろん一つ方法としてはありますし、ただほとんど毎日会ってる状況でラインで告白するってなったら相手からすれば「どうなんだろう」っていう風に思われてしまう部分もあるのかなと。

NGではないですが、要するに自分が言いやすい分相手からすればハードルが下がってしまう分イメージはあんまり良くないっていうのとあとこれ、他の回でもお話しさせてもらってますがラインとかメールって文字情報だけなんですよね。もちろんスタンプとか絵文字とか色々使えるかもしれないですけど、その解釈っていうのが人それぞれ違います。

うちの入倉婚活七つのステップ、出会う、連絡先の交換、デート、告白、お付き合い、プロポーズ、結婚。この七つのステップっていうのは極力リアルでやった方が上手くいきやすいです。もちろん出会うっていうのもオンラインで今出会われてる方もたくさんいると思いますけど、やっぱりリアルで会った方がお互いの空気感、目に見えない部分も分かりますよね。っていうのを言われる方が非常に多い。

で、告白に関して言うと今回もラインが悪い訳じゃないですが、ただラインよりリアルで言った方が気持ち伝わるよね。この見えない部分がすごく重要視されてくるかなというのはすごく思います。なので、まず先ほど冒頭でお伝えした通り、シチュエーション…男性が告白しますよ、女性は告白されたいですよ。じゃあどんなシチュエーションで告白されたいですか?普通に言われたいっていうよりはドラマとか映画を皆さん見ているわけなのでドラマチックなシチュエーションが出来ると気持ちは高ぶりますよね。

気持ちは高ぶる…告白されることが悪いことじゃないんですけどどっちかって言うと、お互い好き。この地球上に何億人って人がいるうちの二人が出会った訳ですからもうそれはドラマチックに行きましょうよっていう風に女性からすると期待はする。で、男性も告白してお付き合いしたい、先に進みたいって思ってる。ただ何をしていいか分からない。これなんですよね。

選択肢があればRPGみたいな、ゲームみたいな感じで告白します。じゃあ告白の仕方…ラインで告白する、会って告白する、お洒落なお店で告白する、みたいなそういう選択肢があれば多分みんなやりやすいとは思いますが、ただこれが自分事になって、しかも今恋愛不足、恋愛経験すごい少ない方が圧倒的に割合を占めてきている。

統計データによると三十過ぎてもお付き合いしたことがない方が半数とか交際経験もそうですし、性的関係・セックスしたことあるかないかっていう部分もかなりどんどん皆さんハードルが…やる方が減ってきているのでハードルが上がってきてしまっている現状がある中で、これもどうアプローチすればいいのかっていうのはすごく難しい部分にはなってくるかなと。

なので、まずはラインでの告白うんぬんじゃなくて告白ってどういうものなのかっていうのを理解した方がいいです。相手は女性だとしたらそういう部分。告白されたい。で、どういう告白のされ方があるのか。ドラマチックなシチュエーションの方がそれはやっぱりキュンキュンするよねっていう話なので、女性はそういう方を望む。

別にラインで告白されたからってNGじゃないですけど気持ち的にはちょっと落ちる。で、もっと言うと先程言った通り、文字情報:ラインとかメールは文字情報しか伝わらない。スタンプが動くかもしれないですけど解釈の仕方が自分本位なんですよね。これが結構厄介になってきます。同じ文章を送っても相手からするとどうなのか。例えば「好きです」って送った場合、前後の文面から察するしかないですよね。

何が好きなのか。例えば今まで趣味の話ずっとしてていきなり「〇〇さんのことが好きです」って言われた時に相手からすれば「自分のことが好きなんだろうな」っていうのはもちろん思うのですが、でもどこかしら「そんな趣味を好きなあなたが好きなんです」っていう風に思われたら「趣味があるから好きなんだ」って思われたら誤解されちゃいますよね。そういう感じなんです。

文面で言葉の表現が変わってきてしまうっていうのが文字の怖さなので、告白する時に、私の入倉結婚相談所の入会者の人には「リアルでしか言わないでください。誤解しか招かない。ラインとかメールは誤解しか招かないので会って必ず言葉で伝えてください。」と伝えています。

恋愛とか婚活って非効率なんですよ。うちは非効率の効率化っていうのは実は相談所の裏コンセプトでやっていて、これ短縮する気なら簡単に出来るので全部ラインで告白して全部オンラインでデートしてとか出来るんですよね。でも人間性…さっき言った目に見えない部分が心の絆に繋がってくることは多々あるんですよね。効率考えたら一人で生きていく方が…私は超効率人間なので、一人で時間短縮してどれだけ効率を上げて仕事をする、趣味をするっていうのが凄く好きなんですよね。効率が凄く好き。

ただ恋愛とか婚活って結婚したら相手のことも考えなきゃいけない。奥さんが体調悪かったら奥さんの体調をケアしなきゃいけない。肩凝ってるって言ったら肩揉まなきゃいけない。子供が生まれたら子供の世話をする。無条件で泣きますから、小さい時は。で言いたいことを言う。

それに対して家族なので、もう皆さんの親御さんであったり皆さん兄弟がいればそういうやり取りはしてきたかと思いますが、これが今度結婚によって将来のパートナー、相手が出来て自分の子供が出来たらそんな訳にも…今までは親御さんがいて兄弟がいればそんなに負担もなかったかもしれないですけど、でも何かしらやっぱりやらなきゃいけない。自分以外にやらなきゃいけないことが出るっていうのは自分の人生からすると非効率にはなります。

効率を求めれば簡単ですけど、やっぱり恋愛とか婚活っていうのはいかに非効率を極めた人が勝てるか。私も婚活五年やった中で、この非効率が凄く大事だなっていうのは誰も教えてくれないですよね。この「非効率が大事です」って私、結構書籍とかそういうセミナーとか色々勉強したんですけどなかなかそんなこと言う人がいなくて、でも最終的には自分の気持ちをいかに伝えるかっていうのはこれは非効率が一番大事です。相手のことをいかに思うか。相手のことを思ってどう行動するかっていうのは物凄く非効率。

効率人間からするとそれが当たり前なんですよ。人間との関係性を築く上では当たり前なんですが、効率だけで考えると言葉のあやで誤解を招くかもしれないですけど、それは凄く大事。ちょっと話が逸れましたが、なのでラインでピって打てば簡単ですよ。告白「付き合ってください」って言えば楽です。けどそれだと言葉しか伝わらない。出来れば会った時に二人の関係性がフィーリング、雰囲気…どこで何を言うかっていうのをまず自分の中で最善を考える癖を付けた方がいいです。

もう自分だけじゃないんですよ。自分だけだったらご飯行くのもファミレス行くなりファストフード行くなりコンビニで買うなり究極食べなかったりスーパー行けばいいですよ。だけど相手が出来ました。デート行きます。それでいいのかって話。考えれば分かるじゃないですか。初対面で一回目、二回目デートの時に「じゃあコンビニでいい、スーパーでいい」っていう話、論外ですよね。もちろん結婚したり長年付き合ってればいいかもしれないですよ。

初対面ではそうじゃなくてお洒落なカフェ行ったりとかレストラン行って二人の時間を楽しみましょうよっていうシチュエーションを取るじゃない。それが一般常識じゃないですかね。っていうのをまずは…告白も同じ。まずは自分の中でどうシチュエーションをしてどういう風に対応するかっていうのをぜひ考えていただいて…ラインでの告白が悪い訳じゃないです。ただもっといいものはある、いっぱい。そこにフォーカスしてぜひ頑張っていただければと思います。

今回は「ラインでの告白はNGなのか」っていう部分について、NGではないですけどもっと選択肢を色々考えて相手の気持ちに沿ってラインは言葉、文字しか伝わらないので誤解されるリスクがあるのでそこを注意しましょうっていうご紹介をさせていただきました。

ぜひ参考にしていただければと思います。今回は以上となります。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事