【保存版&閲覧注意】2万人の見解!令和に結婚出来る人・結婚出来ない人の大きな違い。

どーもー!

 

入倉です!

今日はタイトルが過激ですが…(笑)

多分この文章は今後も使うので…

まず最初に言っておきますが…

 

心臓が弱い方、精神的に不安定な方はこの文章は読まないでください。

 

私入倉が婚活イベント1200回以上、お見合いの立会2000回以上行ってきた独自の見解になります。

多分のべ3万人近くになりますが、あえて2万人にしました…(笑)

恐らくここまで婚活イベントと1対1のお見合いを重複しながら行っている人は全国でも数えきれる人数かなと…

私入倉は評論家でも学者でもありません。現場の人間です。

よく統計データであれ?と思うこともあり…。実際に現場で起こっていることとアンケート調査では大きく乖離している…と感じることもあり…

 

もちろん今から言うことは私入倉の見解でありそれが正しいとか間違っているという判断は止めてくださいね!

一つ言えるのはこういうことを言っている人がいるから参考にしよう程度で!

 

でも3万人近くみてきて…それなりの人数…何百人は結婚してきているのでそこそこ信用性のある見解かなとは勝手に思っています。

 

 

では…早速ですが…

 

 

まず伝えないといけないこと…

 

それは昭和平成にくらべ…令和は結婚しにくい環境になっていること。

 

結婚は出来ないです。

はい…

いつも入倉は結婚は簡単と言っていますが…。時代背景からすると晩婚化非婚化でデータが出ていますが結婚が難しいという解釈が一番あっています。

 

また結婚は出来ないです。

 

はい。

 

ただ結婚は簡単です。

 

これ矛盾しているように思われると思いますが…

 

もちろん、一定の検証を行ってきましたのでそれなりの見解かなと思います。

 

じゃあ、結婚している人たちは何なんだよ?

 

というところですが…

まずですね…令和の婚活と結婚というのは…

・昭和平成のように何も考えずに普通に恋愛をして結婚出来る人

・結婚活動をしてそれなりに結婚出来る人

・結婚活動を自分なりに頑張っても結婚出来ない人

(・そもそも結婚願望がなく結婚しない人)※独身人口全体で考えるとここもいます。

というくくりになります。

 

平成の時は比較的何も考えなくてもそのまま結婚している人の割合が非常に多かったです。

ただ段々と婚活をして結婚している人の割合がどんどん増えているかと思います。

10年くらい前の統計データだと婚活をして結婚した人は1割くらいだったかな?

でも3,4年前はおそらく3,4割以上になってきているかなと…

 

そうなんです。平成の終わり、令和になって…婚活をするというのは結婚する上では必須になりつつあるのです。

 

まずこの認識は非常に大切です。

運転するには免許が必要ですよね?そのためには自動車教習所に通わないとならないですよね。

でも運転しなくてもいいなら教習所なんていかなくていい…という感覚と似てきました。

 

多分今後はもっと比率が増えてきて…6,7割くらいまで婚活をして結婚する人が増えてくるのかなと感じています。

で、まず上の二つは良いんですよ。

何も考えずにストレートで結婚出来る人。婚活頑張って結婚出来た人。

これはこれでいいんです。だって結婚出来たから。

ただこの発想は平成まで平成で社会人の青春を過ごした人たちはギリこの考えでもうまく行く可能性があります。

 

ただ今の30代20代は令和がっつりになってきますと…これから先この考え方だと結婚は難しいという方が続出してきます。

 

というか国勢調査で結婚出来る割合というのは出ているので統計的にもわかるかと思います。

ご自身の年齢で例えば5年後結婚している人の割合がすでにデータとして出ています。

これはあまり見ないほうがいいです。

心臓に良くないので…(笑)

 

でこの文章の本題です。

 

何も考えず結婚出来た人は運が良かったよね…で済ませてもいいかと思いますが、

婚活を頑張って結婚出来る人と出来ない人の違いは何なのか?

 

というのが大切になります!

もちろん上記と同様に運が良かったで済ませればそれはそれまでですが…

実は運以外の要素もあるわけですよ。

もちろんね…

 

婚活をしていてうまく行く人とうまくいかない人。

(すみません。ここは区別をはっきりとさせて頂きますが厳密な境界線はもちろんありませんからね)

 

何が違うのか?

・結婚に対する考え方がそもそも勘違いしている(偽理想主義タイプ)

・メディア、友人知人からのアドバイスを鵜呑みにし正解だと信じ込んでいる(宗教タイプ)

・いづれ自然に結婚出来ると思っている(白馬の王子様タイプ)

・婚活を勘違いして自分で自らうまく行かないように仕向けてしまっている(婚活アレルギータイプ)

 

もっと厳密にいえば分類出来ますが大体こんな感じです。

 

まず婚活を頑張って結婚出来る人は…

そもそもの思考が…『婚活ってこんなものか…』『まぁ婚活頑張ったし結婚しよう』『あらら?気づいたら結婚していた』

という現実を受け入れやすいタイプの方が多いです!

これは簡単に過去の生活習慣や生まれ育った価値観(親の影響)などにも起因してきます。

じゃあ、婚活を頑張ってもうまく行かない人は…

『いや、この人は私には合っていない』『もっといい人がいるはず』『結婚のイメージに当てはまらない』『この人はこれがダメ』

という感じです。

何がそもそも違うのか?見ればわかる方もいると思いますが、根本的に結婚や婚活に対する考え方でまとめることが出来るのですが…。

 

一つ言えることは…

 

【未知の体験(結婚)に対する自分の行動意欲と理想の乖離で結婚出来るかできないかの差になる】

というのは一つの見解としてはあるのかなと…

でここで一つ言えるのが結婚生活を全くイメージしていないと結婚できるのか?という質問もありますが、

逆に考えていないと何が良いのかわからなくなりいやもっといい人がいると思い込んでうまく行かない人もいます。

考えなさすぎ(マイナス)、そこそこ考えて柔軟に対応できる(ゼロ)、考えすぎてそれ通りじゃないと(プラス)

 

ゼロが結婚しやすいですが、考えなさすぎ、考えすぎは結婚まで一歩が出ないので難しくなります。

 

特に令和になってきますと余計情報化社会というのが加速をして…

そういえば情報化社会っていう言葉自体をあまりきかくなくなったと思いませんか?

 

それは今が情報化社会が普通になってしまったから。です。

この環境での婚活というのは他社との比較が簡単に出来てしまいます。

SNSをみれば友達の活動や旦那がどんな人かだって簡単にわかります。

今まで遠かった芸能人や俳優、アーティストがすぐそこにいる感覚です。

 

となると昭和平成の結婚観ではなかなか難しいというのが現実的な話しになります。

昭和の結婚の主な理由が、社内恋愛やおせっかいおばちゃんのお見合い。これは結婚適齢期になったら近くにる独身異性数名の中から選んで結婚するというのが一般的な日本の考え方だったから。

 

でも情報化社会が進んでしまい…今度は選びたい放題!(笑)というか自分の人生ですから安易に決められない…という部分ありますからね。

婚期を逃がしてしまう方もたくさんいるわけです。

おそらく30代40代になれば婚期が1度や2度はあっておかしくないと思います。

でも逃してしまった。。。気づいたらこの年齢…というのはよくあります。

 

じゃあ、婚期を逃がしたらそれで終わりか?

 

婚活でうまく行かない人はもうあきらめたほうが良いのか?

となりますよね…

 

でここからが解決策です。

 

まず婚活をある程度自分の中で活動してちょっとなかなかうまくいかないなと思ったら…

(この期間は人それぞれです、1年やって思う人もいれば1回婚活イベントに出て思う人、10年活動しても思わない人など…)

 

上記の原因のどれかが邪魔をしています。

そこに気づいたほうが良いです。

 

①、まず最初に友人知人・親などから自分の恋愛ってどう?という話を聞いてみてください。

それと可能であれば親の恋愛観・結婚観を聞いたほうが良いです!結構親御さんの価値観が足を引っ張って結婚出来ない人が多いです。結局あなたの価値観や生活習慣は親御さんによってほとんどの基礎を形成してもらっていますからね。

で注意点としてそれも参考までに…。正解じゃないです。逆に間違っていることが多いです。でも人の意見を聞くというのは一番の特効薬になります。参考までにね…

 

②、次に婚活や恋愛の書籍やメディア情報などをみてみる。自分と同じような境遇の人の情報はおすすめです!

でもこれも鵜呑みにしないでください。参考までに。間違っている可能性もありますからね。そもそも自分のことが俯瞰できていないと同じ境遇というのは表向きの自分だけをみてそう思い込んでしまっている可能性がありますからね…。

 

③、上記は比較と情報収集でしたが今度は今の生活習慣を変えてみてください。ちょっとでいいです。普段いかないカフェに行ってみたり違うルートで家に帰ってみたり。きっかけとしていろいろと新しいことを始めてみてください。ボタンが掛け間違っているだけの場合はちょっとの活動の違いで上手く行く人もいます。

 

④、専門家の意見を複数聞いてみてください。あなたがうまく行く可能性を考えたら第三者からの印象とうまくいく方法を模索しつつ行動することが先決です。ただこの際に私はこうだから…というつっぱねをしてしまうと進歩はないです。

ここもまずは心を開いて…何を言われても心を開いてまずは聞いてください。もちろんそれが合っているとか間違っているではなく…。参考までに自分について聞いてみてください。

またそんな自分がうまく行く方法も聞いてくださいね。

 

⑤、これはあまりお勧めできませんが…簡単には出来ない生活環境の変化です。例えば引越しや転職など。結婚をどうしてもしたいという人は決断するのもいいですが安易は危険です。もちろん家族のことや…人生変わるきっかけは友人の結婚や、家族の不幸などもあります。これは比較的自分というよりは他人に起因しますので…。

 

 

結婚が簡単というのはここにあります!

婚活を頑張ってもうまく行かないのは単純に令和の結婚の仕方をしらないだけ。

結婚の仕方を知ってしまえばうまく行きます!

 

うまく行かないのは単純にうまく行かないやり方を実践してしまっているだけ。

 

だって結婚した親のDNAを引き継いでいるあなたですから理論上は結婚出来るわけですよ。

ただ時代に合っていない考え方や理想が邪魔をしてしまいうまくいかないだけです。プライドも邪魔ですね…

 

そこさえ気づいてしまえば結婚は簡単に出来ます。

そういう意味です!

 

この文章をみてどう思うかは人それぞれですが…。

 

何もしないのは結婚しにくい思考になっていると婚期を逃がすことになりますのでご注意くださいね。

 

ちなみに私入倉も婚活のサポートを10年以上していますが…

一番のポイントは婚期(運命の出会い)が来るときのために準備をしておく。→確実に婚期をゲットして結婚する。

 

これがベストです。正直婚期はひとそれぞれタイミングがちがいます。ただそれを掴めるかどうか?気づけるかどうかは結婚と婚活のポイントでもあります。

私が出来ることはあなたの性格を変えるとかこう行動をさせるとかじゃないです。

単純に準備を万全にして婚期を確実にゲットさせることです。

10年やっていろいろ考えてたどり着いたのは基本的なことです。

 

私入倉も神様ではもちろんありません。一人の人間です。一人の人間が一人の人生に大きく関与することなんてものすごく大変ですし、エネルギーを使います。人生消耗しながら全力でサポート仕手こそ幸せの結婚生活が!

 

結婚は簡単ですが、令和の結婚の仕方をしらないと結婚は難しいです。多分これからどんどん普通にしていたら結婚出来ない時代になります。

もちろんつべこべ言わず…考えず行動出来れば一番いいです!

 

ただいろいろとうまく行かないと考えてしまうのは普通です。

 

これをきっかけに前に進んで頂ければと思います。

 

 

入倉

おすすめの記事